ホームU.S.Haily AIがビジネスアシスタントの有力なソリューションとして成長。 AI ExosphereがNSFのピッチ承認を得て、Haily AIことProject Hailを開始。

Haily AIがビジネスアシスタントの有力なソリューションとして成長。 AI ExosphereがNSFのピッチ承認を得て、Haily AIことProject Hailを開始。

フロリダ州オーランド-2021年8月17日-新規スタートアップであるAI Exosphereは本日、Project Hail(通称Haily AI)のピッチがAmerica’s Seed Fundのビジネス・イノベーションに採択されたことを発表しました。

NSFが運営する「America’s Seed Fund」は、年間2億ドルの資金を新興企業や小規模企業に提供し、科学的発見を商業的・社会的にインパクトのある製品やサービスに変えていくことを目的としています。 科学技術のほぼすべての分野で活躍する新興企業は、研究開発(R&D)を支援するために最大200万ドルを受け取ることができ、商業的成功に向けて技術のリスクを取り除くことができます。

America’s Seed Fundは、SBIR(Small Business Innovation Research)プログラムを通じて議会に義務付けられています。 NSFは、約85億ドルの予算を持つ独立した連邦機関で、科学と工学のあらゆる分野における基礎研究と教育を支援しています。

AI Exosphereは、音声チャットボットのビジネスアシスタントであるHaily AIの開発に主眼を置き、オンラインマーケットへのインクルージョン、アクセシビリティ、スケーラビリティの向上に貢献します。

GPT-Jで構築されたHaily AI。一般に公開されているTransformer[language model] の中で、最も優れたゼロ [down-stream] の様々なタスクにおいて、ゼロショットのパフォーマンスを実現しています。

「私たちの最初の提案がNSFに受け入れられたことを光栄に思います。これから数週間で完全な提案書を作成する予定です」と述べています。
AI ExosphereのCEOであるSal Peerは次のように述べています。

NSFのリソースがあれば、企業レベルのインバウンドコール量をサポートしながら、技術的な知識を持つビジネスオーナーや起業家、クリエイターとのギャップを埋めるために、Hailyの範囲を広げることを目標としています。

AI Exosphereは、多くのビジネスユースケースに進化していきますが、私たちのフェーズIの目標は、スムーズな音声操作を実現することです。

AI Exosphereについて

AI Exosphereでは、複雑なデジタルアクションを起こし、営業やカスタマーサポートの役割を果たすことができるAI音声ビジネスアシスタント「Project Hail(Haily AI)」に注目しています。

記事のソース

RELATED ARTICLES
- Advertisment -

Most Popular